for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米経済活動は小幅拡大、雇用概ね増加 回復にばらつき=連銀報告

[2日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は2日に公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で、経済活動は8月下旬にかけて小幅ながら拡大し、雇用はおおむね増加したものの、成長は一部地域で引き続き停滞したとの認識を示した。新型コロナウイルスの感染多発地域で抑制策が再導入され、経済再開に向けた取り組みが妨げられた。

米連邦準備理事会(FRB)は2日に公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で、経済活動は8月下旬にかけて小幅ながら拡大し、雇用はおおむね増加したものの、成長は一部地域で引き続き停滞したとの認識を示した。ワシントンのFRB本部で昨年3月撮影(2020年 ロイター/Leah Millis)

報告では、居住用不動産などが低金利の恩恵で伸びる一方、商業施設の建設や農業など他の分野は持ち直しの動きが鈍く、景気回復のばらつきが浮き彫りとなった。

「経済活動は大半の地区で拡大したが、総じて小幅な伸びだった上、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)前の水準を依然大幅に下回っている」とした。

製造業は大半の地区で上向き、個人消費は拡大が続いた。好調な自動車販売や小売り、観光業の幾分の回復が寄与した。

今回の調査は7月から8月24日までの間に12地区で実施された。

経済回復の進展はまちまち。ニューヨーク地区は経済活動が停滞したと報告する一方、シカゴ地区は好調に伸びたとした。アトランタ連銀はまちまちだったと報告し、サンフランシスコ地区はやや拡大とした。

これは高頻度データがここ数週間示す傾向と一致する。統計は、景気が底を打った後、5月と6月に急速に回復したが、新型コロナ感染者の多発地域が封鎖対策を再び導入する中で、回復の道が不安定になったことを示している。

全国の新規感染件数は1日当たり4万1000件と、7月の7万7000件からペースが落ちたものの、一部の州は依然として感染拡大の抑え込みに苦戦している。

また、8月から個人や企業に対する政府支援が減少。失業保険手当ての週600ドルの上乗せや、小企業向けの給与保護プログラム(PPP)は同月に失効した。

一部の企業は依然、必要とする従業員の採用に苦戦している。保育所不足のほか、学校や失業保険手当てを巡る不透明感が事態を悪化させている。

フィラデルフィア地区で7月に実施された企業調査では、保育所不足が、感染への懸念や失業給付増額よりも大きな採用の妨げとなったことが分かった。5月に同地区連銀が実施した同様の調査では保育所の問題は3番目の要因だった。

セントルイス地区の人材紹介会社の話では、仕事を紹介された人が48時間以内に退職することが珍しくないという。

従業員への支払いは各企業で異なり、新型コロナ感染のリスクが高い職種に関する危険手当を縮小する企業もあれば、従業員の士気を高めたり採用を促したりするために縮小していない企業もある。

ベージュブックによると、総じて賃金は大半の地区で横ばいからやや増加。低賃金の職種ほど押し上げ圧力が大きかった。

先行き不透明感は高いが、多くの地区で企業は幾分の改善を見込んでいる。シカゴ地区では大半の企業が今後の成長を想定した。ただ少なくとも来年下半期まで回復はしないとの見方だ。セントルイス地区では回答者の約半分が、売り上げは危機前の水準に戻るとし、3分の1は回復までに12カ月以上かかると答えた。ダラス地区では経済活動見通しが低下、先行き不透明感は大幅に高まった。

ニューヨーク、フィラデルフィア、リッチモンド、マサチューセッツを含む複数の地区では、レストランが温暖な気候を味方にアウトドアダイニングを拡充させており、今後気温が低下していく中でビジネスを維持できるのか懸念する声も聞かれた。

マサチューセッツでは、アウトドアダイニングはレストランの売り上げの3分の1以上を占めた。同地区では危機前にアウトドアダイニングを提供していたレストランは5分の1に満たなかった。

*本文中の余分な記号を削除して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up