for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-米景気回復は緩やかに加速、娯楽や観光需要上向き=連銀報告

(内容を追加しました。)

[14日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は14日に公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で、国内経済の回復が2月下旬から4月にかけ、「緩やか(moderate)なペース」へ加速したとの認識を示した。新型コロナウイルスワクチンの普及や政府の財政支援を追い風に、旅行やその他のモノの消費支出が拡大したことが背景とした。

仕事に再び就く人が増える中、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)によって大打撃を受けた労働市場も改善。雇用の伸びは製造業や建設業、娯楽・接客業で最も加速した。

ベージュブックでは「娯楽や旅行の需要の伸びが加速し、観光に関する報告も前向きだった。調査先は需要増加の要因として春休みやコロナに伴う封鎖措置の緩和、ワクチン接種の進展、最近の給付金などを挙げた」と指摘した。

アトランタ連銀は、接客業で「残りの春と夏の数カ月、それ以降の予約が底堅かった」と報告した。

大半の地区が成長のペースは緩やかだったとする中、ニューヨーク地区は経済が「パンデミックの期間で初めて力強いペースで伸び、広範な産業が拡大した」と指摘。コロナ感染が増えたにもかかわらず景気が改善し、「調査先は短期的な見通しについてますます楽観的になっている」と述べた。

パウエルFRB議長は、ワクチンや大規模な財政刺激策により米景気や雇用が急拡大に向けた「転換点」にあるとの認識を示している。

米労働省が2日に発表した雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比91万6000人増と、7カ月ぶりの大幅な伸びとなった。また、労働省が13日に発表した3月の消費者物価指数(CPI)は8年半ぶりの大幅な伸びを示した。

こうした中、パウエル議長やその他のFRB当局者は、明るい経済見通しや一時的な物価上昇の加速が金融政策に影響することはないと述べ、危機が終わるまで緩和的な金融政策を維持すると強調している。米国の雇用は依然としてコロナ前の水準を840万人も下回っている。

FRB当局者は先月、最大雇用と物価安定のFRBの目標に向け「さらに著しく進展がある」まで政策金利をゼロ近辺に維持し、月に1200億ドルの債券を買い入れることで合意した。次回の連邦公開市場委員会(FOMC)は2週間後に予定されている。

ベージュブックでは、経済再開に伴い各社の戦略も浮き彫りとなった。クリーブランド地区の人材紹介企業は、就職希望者の最優先事項が初めて「給与」となり、「職種」を超えたと報告。ミネアポリス地区では、ワクチン接種を終えた就職希望者が急増することを見越し、雇用主が賃上げを保留している可能性が示唆された。同連銀は「多くの労働者が戻ってくる可能性がある中で、今賃上げする必要はあるだろうか」と指摘した。

今回の報告は4月5日までに全12地区で入手された情報に基づきダラス地区連銀がまとめた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up