May 7, 2018 / 7:26 PM / 5 months ago

ビットコイン下落、先物取引開始が関係=SF連銀リサーチ

[サンフランシスコ 7日 ロイター] - ビットコインが昨年12月の最高値(1万9511ドル)記録後に下落した背景には、先物取引開始が大きく関係しているとの分析を、サンフランシスコ地区連銀が7日公表した。

連銀のエコノミックレター最新号に掲載されたリサーチでは、「先物取引開始後の価格急上昇とそれに続く下落は偶然にはみえない」と指摘した。

ビットコイン先物は昨年12月10日にシカゴ・オプション取引所(CBOE)がスタート。その1週間後にCMEグループが取引を開始した。出来高はCBOEがはるかに小さい。

リサーチは、先物の売りが増える中で、幅広い下降サイクルが生まれてビットコインの現物市場にも影響、注文が減少して価格に下向きの圧力がかかったと分析。「価格の下落とともに悲観論者が取引を始め、さらなるショートにつながり価格の下落圧力も強まった」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below