for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米大統領、今週にもFRB副議長・理事の候補者発表か=関係筋

バイデン米大統領(写真)が早ければ今週中にも米連邦準備理事会(FRB)の銀行監督担当副議長および理事の3ポストに起用する候補者を発表する可能性があることが5日、関係者の話で分かった。2021年11月撮影(2022年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 5日 ロイター] - バイデン米大統領が早ければ今週中にも米連邦準備理事会(FRB)の銀行監督担当副議長および理事の3ポストに起用する候補者を発表する可能性があることが5日、関係者の話で分かった。

バイデン氏はまだ最終判断を下しておらず、発表時期も決定されていないという。

また、首都ワシントンでは6日吹雪に見舞われる予報となっており、天候が発表時期に影響する可能性もある。

理事にはミシガン州立大学のリサ・クック氏とデービッドソン・カレッジのフィリップ・ジェファーソン氏が、銀行監督担当副議長にはサラ・ブルーム・ラスキン元FRB理事が起用されるとみられている。

就任が実現すれば、クック氏は黒人女性としては初のFRB理事となる。また、女性がFRB理事会メンバー7人の4人を占め、過去最多となる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up