for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FRBの社債買い入れ制度、運用開始1週間でETF15本購入

[29日 ロイター] - 米連邦公開市場委員会(FRB)が29日公表したデータによると、新型コロナウイルス対策の一環である社債買い入れプログラム「セカンダリーマーケット・コーポレート・クレジット・ファシリティー(SMCCF)」による取引回数は運用開始から1週間で158回に達し、15本の上場投資信託(ETF)が購入された。

購入額は約13億ドルで、12─18日に証券10社を通じて行われた。

リッパーのデータによると、最も購入されたETFはiシェアーズ・iボックス投資適格級社債ETFLQD.Pで、保有額は19日時点で3億2630万ドル。同ETFの組入銘柄にはバンク・オブ・アメリカBAC.N、JPモルガン・チェースJPM.N、ウェルズ・ファーゴWFC.N、ゴールドマン・サックスGS.Nなどの銀行の社債やAT&TT.N、ベライゾン・コミュニケーションズVZ.Nなどの通信会社の社債がある。

またハイイールド債(ジャンク債)に特化した7大ETFのうち6本を購入し、保有額はポートフォリオ全体の17%に当たる2億2340万ドルとなっている。

最も購入されたジャンク債ETFはiシェアーズiBoxxハイイールド社債ETFHYG.Pで保有額は1億ドル強。組入銘柄には携帯電話大手スプリントおよび病院経営のテネット・ヘルスケアTHC.Nの社債が含まれている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up