March 28, 2018 / 7:37 PM / 24 days ago

米FRB、中立金利に向け利上げ継続の必要=アトランタ連銀総裁

[ワシントン 28日 ロイター] - 米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は28日、連邦準備理事会(FRB)が主要責務の達成に近付いていることを踏まえ、中立金利に向けて利上げを継続する必要があるとの見解を示した。

ボスティック総裁は講演で「私見では金利を中立水準に戻す必要がある」と語った。

FRBの中立金利見通しは現在2.9%。

総裁は「失業に関しては完全雇用に極めて近い状況にあり、インフレ率は2%の目標に向かい上昇している。われわれが望ましいとする状況に近づきつつあるのであれば、FRBの政策が超緩和的である必要はない」とした。

同時に、ボラティリティを引き起こすような急激な利上げではなく、緩やかなペースでの利上げ継続はより適切との認識を示した。

ボスティック総裁は今年の米連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持つ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below