for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米金融政策、ウクライナ情勢で不透明感高まる=アトランタ連銀総裁

米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は1日、ウクライナ情勢を受け連邦準備理事会(FRB)が直面する経済情勢は大きく変化したとし、 政策担当者は原油価格、ひいては供給網に対する衝撃を考慮しなければならくなったとの認識を示した。2019年3月撮影(2022年 ロイター/Brendan McDermid)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は1日、ウクライナ情勢を受け連邦準備理事会(FRB)が直面する経済情勢は大きく変化したとし、 政策担当者は原油価格、ひいては供給網に対する衝撃を考慮しなければならくなったとの認識を示した。

ボスティック総裁はアトランタ地区連銀のオンラインイベントで「欧州における人とモノの移動は大きく変化すると見られ、供給網をはじめとする多くのものに影響が及ぶ。考えなければならないことは山積している」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up