September 13, 2018 / 6:35 PM / 11 days ago

米FRB、今後数四半期は利上げ継続可能=アトランタ連銀総裁

[ジャクソン(米ミシシッピ州) 13日 ロイター] - ボスティック米アトランタ地区連銀総裁は13日、低失業率に加えインフレ高進の兆候が見られない中、米連邦準備理事会(FRB)は少なくとも今後数四半期は利上げ継続が可能との認識を示した。年内の連邦公開市場委員会(FOMC)の具体的な見通しには触れなかった。

総裁は、成長や消費支出などの動向が底堅いことから、FRBは足元の緩やかな利上げペースを維持できると強調。「現在のように、経済が好調で自律成長を遂げている時は、金融政策は中立スタンスに向かうべき」とし、「それはすなわち、今後数四半期における名目金利の段階的な引き上げを意味する」と語った。

貿易や関税を巡る不透明感から製造業者の約3割が投資計画の見直しを行っている、とする連銀の調査結果を例に挙げ、通商交渉は引き続きリスクと述べた。ただ成長はしっかりしており「全米の企業投資への悪影響はこれまでのところ軽微にとどまっている」とも指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below