for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FRB、22年終盤に利上げ着手の必要=アトランタ連銀総裁

[ワシントン 23日 ロイター] - 米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は23日、米経済が新型コロナウイルス感染拡大の影響から順調に回復する中、物価は予想より力強く上昇しているとし、連邦準備理事会(FRB)は2022年終盤に利上げに着手する必要があると述べた。

ボスティック総裁は記者団に対し「このところの経済指標は、大部分が自分自身の予想より力強かった」とし、「国内総生産(GDP)は力強い軌道に乗っている」と指摘。インフレも上向いており、FRBの目標を大きく超えていると述べた。

その上で、21年のインフレ率は3.4%、経済成長率は7%になると予想。23年に2回の25ベーシスポイントの利上げを見込むと述べた。ただ、テーパリング(量的緩和の縮小)が完全に終わるまで利上げは待ちたいとの考えを示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up