for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

雇用情勢次第で10─12月中にテーパリング開始も=アトランタ連銀総裁

8月9日、米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は、あと1、2カ月間、雇用の力強い伸びが続けば、連邦準備理事会(FRB)は10─12月中にテーパリング(量的緩和の縮小)を開始できるという認識を示した。写真は2019年1月、パネル討論に参加するボスティック総裁(2021年 ロイター/Christopher Aluka Berry)

[ワシントン 9日 ロイター] - 米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は9日、あと1、2カ月間、雇用の力強い伸びが続けば、連邦準備理事会(FRB)は10─12月中にテーパリング(量的緩和の縮小)を開始できるという認識を示した。

緩和縮小は過去の実績よりも短期間で行うことが望ましいと提案。縮小方法としては米国債と住宅ローン担保証券(MBS)を同じ割合で減らす「バランスのとれた」アプローチを支持すると表明した。

物価に関してはすでに「実質的な一段の進展」が見られ、FRBが物価の目安として注目するコア個人消費支出(PCE)価格指数は、5年間の平均伸び率が5月時点で目標の2%に到達したと指摘。ただし、連邦公開市場委員会(FOMC)内では、実質的な進展を判断するのにどの指標を用いるべきか、まだ意見が一致していないと述べた。

また、FRBが利上げを行う前に、米経済は新型コロナウイルス危機を十分に克服する必要があるとも強調した。

ボスティック総裁はこれまで、来年終盤にも利上げ条件が整うとの見方を示している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up