for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FRB、CBDC発行理由乏しい=ボウマン理事

[8日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のボウマン理事は8日、米国の決済システムの安全性と効率性を考慮すると、FRBが中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行する理由はほとんど見られないと述べた。

またFRBは現在、「協議のきっかけ」としてCBDCの長所と短所を検討した資料をまとめており、近く発表されるとした。

インフレ率に関しては高止まりしており、その要因の一部は来年も継続すると想定。高インフレは低・中所得者層への影響が大きいことが問題とし、食品やエネルギー価格の高騰がインフレ期待に想定以上に影響するリスクがあるほか、サプライチェーン(供給網)の混乱と労働力の不足が主導するインフレ見通しを懸念しているとした。

労働市場については過熱する可能性があり、その兆候を監視するとした。

このほか、FRBは現在、気候変動を監視の枠組みに組み込むことを検討していないとした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up