for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米FRB、政策引き締めまで「忍耐強く」対応=ブレイナード理事

米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は23日、景気支援策を引き揚げる前に、FRBは雇用と物価を巡る目標の達成を「断固として忍耐強く」待つと述べた。写真は2017年3月、マサチューセッツ州ケンブリッジで撮影(2021年 ロイター/Brian Snyder/File Photo)

[ワシントン 23日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は23日、景気支援策を引き揚げる前に、FRBは雇用と物価を巡る目標の達成を「断固として忍耐強く」待つと述べた。

ブレイナード理事は、失業が減少し、インフレが上向く兆候がで始めたときに「予防的に」対応しないと指摘。いかなる金融政策の引き締めも「雇用とインフレの状況に左右される」とし、こうしたアプローチは「断固として忍耐強く」対応することを意味していると述べた。

今年は物価上昇が見込まれているとしながらも、インフレ期待がFRBの目標から乖離しつつあることを示す証拠は得られていないとし、雇用とインフレの目標達成に向けた進展が得られるまで、かなりの時間がかかるとの見方を示した。

FRBの量的緩和策については、買い入れ縮小の是非、もしくは縮小の規模について検討することは当面は妥当ではないと語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up