May 8, 2019 / 7:28 PM / 18 days ago

FRB、景気低迷期に長期金利水準設定も選択肢=ブレイナード理事

 5月8日、米連邦準備理事会のブレイナード理事は、今後経済が低迷した際、景気を刺激するために、より長期間の金利水準を目標にする政策を検討したいと述べた。写真はワシントンのFRB本部。昨年8月撮影(2019年 ロイター/Chris Wattie)

[リッチモンド(米バージニア州) 8日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は8日、今後経済が低迷した際、景気を刺激するために、より長期間の金利水準を目標にする政策を検討したいと述べた。

FRBは金融政策を広範に再考している。

ブレイナード氏は、2007─09年の金融危機と景気後退のときのようにFRBが再び短期金利をゼロに引き下げることとなった場合、新たな政策の下では1年債や2年債、その他の債券について明確な金利水準を設定した上で債券を購入すると説明した。こうした戦略を推奨する発言はせず、「もっと意見を聞きたい」と述べた。

「われわれが通常、目標とする短期金利がゼロまで下がったら、今度はそれよりも少し長期間の債券の金利に目を向けるかもしれない。例えば、まずは1年債の金利だ。さらに刺激が必要であれば2年債に移行する」と説明した。

前回の金融危機の際、FRBは短期金利がゼロになった後は国債を買い入れることで、より長期金利を操作した。その時は月々の購入規模を明確にしていた。ブレイナード氏の提案の下では、企業や投資家は金利がどの水準になるかを明確に知ることができる。FRBにとって新たな試みだ。日銀の長短金利操作と似ている。

こうした政策の検証を提唱することは、FRBが金融政策の再考をいかに幅広く行っているかを示す。

ただブレイナード氏は、検討中の全ての案は強みがある反面、弱みがある可能性もあると警告した。

よく挙がる例は、物価上昇率が高い時期を弱い時期の「埋め合わせ」に充てる政策だ。これは物価が急速に上昇している局面で中銀が我慢できず、政策をやり遂げないリスクがある。ブレイナード氏は「こうした政策は一見魅力的だが、実際導入されたことはない。ある一定の期間、目標より高い物価上昇率が続いた際に中銀が物価上昇ペースの加速を恐れてしまうのではないかとの懐疑論がある」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below