March 7, 2019 / 6:00 PM / 15 days ago

米経済には金利見通しの「軟化」必要=ブレイナードFRB理事

[7日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は7日、リスク上昇や支出鈍化の兆しがあるため、FRBは経済見通しを変更せずとも利上げ予想を引き下げるべきと述べた。

ブレイナード理事はプリンストン大学での講演で、最も確実性の高い「経済見通しが変更されなかったとしても、生産と雇用の下向きリスクの高まりはフェデラル・ファンド(FF)金利見通しの軟化を訴えている」と語った。

また米経済のリスクが上昇しているほか、現在の経済指標で企業や消費者の支出減少を示す兆候が見られると言及。「雇用とインフレから得てきた恩恵を守る最善策は慎重な金利誘導だ」とした。

さらに「連邦公開市場委員会(FOMC)が利下げを適切と考えたときと同時にバランスシートを縮小させることを望まない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below