July 14, 2020 / 7:08 PM / a month ago

米経済は「五里霧中」、FRBは持続的緩和を=ブレイナード理事

[ワシントン 14日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は14日、米経済の先行きに多大な不確実性が存在するため、FRBはフォワードガイダンス(将来の政策方針)に加え、大規模な資産買取制度を持続的に活用すべきという考えを示した。

ブレイナード理事は「新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が経済動向の鍵を握る。依然として不確実性という深い霧に覆われており、下方リスクが目立つ」と指摘した。

その上で「景気回復には当面、向かい風が付きまとうもようで、金融緩和や追加財政支援への持続的なコミットが求められる」と述べた。

イールドカーブ・コントロール(YCC、長短金利操作)については、将来的に適切となり得るが、一段の分析や議論が必要だとした。また新型コロナの広範な第2波が到来すれば、回復の腰折れや景気の二番底、さらには金融市場の変動などを招く恐れがあるとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below