May 31, 2018 / 6:51 PM / 3 months ago

原油高、米経済に均衡ある効果 消費者打撃もエネルギー業界に恩恵

[ニューヨーク 31日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は31日、原油価格上昇は消費者に負担となるが、エネルギー業界の押し上げにつながり、米経済にバランスの取れた効果をもたらすとの考えを示した。

ブレイナード理事は、原油の値上がりで可処分所得は減っているが、米税制改革による還付金の増加も出始めていると指摘。

また「重要なことは、経済全体への効果は消費者を通じたものだけではなく、経済活動を通じたものもあり、石油・ガスセクターの企業投資は成長を支えている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below