March 7, 2018 / 2:37 AM / 9 months ago

貿易戦争巡る議論、米FRBに不確実性もたらす=ブレイナード理事

 3月6日、米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事(写真)は、米国が表明している鉄鋼とアルミニウムの輸入製品に高い関税を課す方針と、「貿易戦争」が起きるとの懸念について、FRBにとって不確実性をもたらす要因だとの見解を示した。写真はマサチューセッツ州 で昨年3月撮影(2018年 ロイター/Brian Snyder)

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は6日、米国が表明している鉄鋼とアルミニウムの輸入製品に高い関税を課す方針と、「貿易戦争」が起きるとの懸念について、FRBにとって不確実性をもたらす要因だとの見解を示した。

ブレイナード理事は講演で貿易戦争を巡る議論について質問され、「より広範な影響を判断するには時期尚早であり、この分野での今後の展開に関連して不確実性が生じる可能性がある」と述べた。

その上で「不確実ではあるものの、現在の見通しを大きく変えるほどのものではない」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below