June 28, 2018 / 6:32 PM / 3 months ago

米財政政策の景気押し上げ効果、一時的となる公算=セントルイス連銀総裁

[セントルイス 28日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は28日、財政政策による景気押し上げ効果は今後1─2年で薄れる公算が大きく、米連邦準備理事会(FRB)は利上げの継続に一段と慎重になる必要があるとの見解を示した。

ブラード総裁は、財政政策が「18、19年を通じて効果を発揮する可能性はあるが、先を見据える必要がある。米連邦公開市場委員会(FOMC)当局者も全員、成長鈍化を想定している。一時的な状況に対処するために金利を恒久的に引き上げるべきだろうか」とし、一方的な利上げ継続に疑問を呈した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below