September 23, 2019 / 7:17 PM / a month ago

米金融政策かなり緩和的、市場は追加緩和想定=セントルイス連銀総裁

米セントルイス地区連銀のブラード総裁は23日の講演で、米連邦準備理事会(FRB)による昨年以降の政策変更により、金融政策は1年前に比べ「かなり緩和的」になったが、市場は一段の追加緩和を想定していると述べた。シンガポールで昨年10月撮影(2019年 ロイター/EDGAR SU)

[エフィンガム(イリノイ州) 23日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は23日の講演で、米連邦準備理事会(FRB)による昨年以降の政策変更により、金融政策は1年前に比べ「かなり緩和的」になったが、市場は一段の追加緩和を想定していると述べた。

総裁は、米国債の足元の「イールドカーブ」について一段と正常化したようにみえるが、それは「市場が(FRBによる)将来的な政策変更を予想しているためだろう」と述べた。

またFRBがすでに多くのことを実施してきたと認めた上で、全体的な方向性の変化や従来予想されていた利上げの排除により、長期債利回りは7月以降の利下げ幅(50ベーシスポイント)の2倍以上低下したと指摘。

それにもかかわらず、通商面などのリスクが今年の米経済を予想以上に鈍化させ、FRBによる2%の物価目標達成を困難にさせる恐れがあるため、FRBは「将来的に追加緩和実施を選択する可能性がある」と語った

さらに最近の世界的な通商協議を見る限り、安定的な貿易体制に達するのは当分難しいとし、「これが世界的に投資を冷やし、世界経済の成長鈍化が強まるだろう」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below