April 4, 2018 / 3:14 PM / 8 months ago

金利は中立水準に近い、追加利上げ必要なし=セントルイス連銀総裁

[ワシントン 4日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は4日、中立金利に近付いていることを踏まえ、追加利上げは必要ないとの見解を示した。

ブラード総裁は講演原稿で「現在の政策は数年前に比べ中立水準に近い」とし、「インフレ率が目標を下回っていることを踏まえ、インフレに下押し圧力をかける追加利上げは必要ではない」と語った。

インフレは依然として低水準にとどまっているものの、年内に幾分上昇するとの見通しを示した。

第1・四半期の米経済成長は不安定な動向になったようにみえるとし、金融市場に漂う米通商政策をめぐる不透明性や情報技術(IT)企業に対する規制強化の可能性などが足かせの可能性と指摘した。

逆イールドについては、これまで示してきた懸念を幾分和らげ、「名目イールドカーブが来年いずれかの時点で逆転する可能性はあるが、10年債利回りはこのところ米連邦準備理事会(FRB)の利上げに遅れを取らない水準まで上昇した」と指摘した。

ブラード総裁は今年の米連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持っていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below