Reuters logo
米労働市場はタイトでインフレ上振れ圧力に=セントルイス連銀総裁
2016年5月23日 / 11:01 / 2年前

米労働市場はタイトでインフレ上振れ圧力に=セントルイス連銀総裁

[北京 23日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は、国内労働市場が比較的タイトなためインフレに上振れ圧力がかかる可能性があり、利上げの確率が高まるとの見解を示した。

同総裁は北京での講演で「労働市場は比較的タイトだ。これが先行きインフレ上振れ圧力となる可能性がある」と指摘。これは「政策金利の先行きに関する連邦公開市場委員会(FOMC)の見方を支持する重要な要因だ」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below