February 6, 2018 / 2:22 PM / 8 months ago

堅調な労働市場、物価上昇加速につながらない可能性=セントルイス連銀総裁

[6日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は6日、最近の国内労働市場の底堅さが物価上昇ペースの加速をもたらさない可能性を指摘した。

会議での講演予定原稿で述べた。ブラード氏は「(労働市場とインフレという)これら変数間の経験的な相関関係はここ数年弱まっており、皆無に近い可能性もある」と述べた。

ただ、最近のインフレ期待指標(市場ベース)の上昇は、将来のインフレを示す可能性があると指摘した。

ブラード氏は「現在の指標は、連邦準備理事会(FRB)目標の2%に一致する水準に近づいたが、なお若干低い」と指摘した。

また、金融政策は過去数年と比べて中立的な水準に近づいたとの認識も示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below