August 15, 2019 / 7:53 PM / 2 months ago

米長短金利逆転、持続すれば弱気シグナルに=セントルイス連銀総裁

[ワシントン 15日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は15日、米長短金利差の逆転について、米経済を巡る「弱気な」シグナルと見なされるには、「一定期間持続する必要がある」との見解を示した。

米経済成長は「適度」なペースであるものの、世界的に景気が減速する中、「安全資産に逃避する」動きが高まり、米金利を押し下げていると指摘。米連邦準備理事会(FRB)が次回の連邦公開市場委員会(FOMC)で、金融市場で見られるボラティリティーをさほど勘案しない可能性を示唆した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below