for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米経済、危機脱却まだ 今後紆余曲折も=セントルイス連銀総裁

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は18日、米経済が4月に新型コロナウイルス流行が招いた景気低迷の最悪期を脱した可能性があるとしつつも、危機を完全に脱したわけではないとの認識を示した。

ブラード総裁は「危機を脱したとは決して考えていない」とし、「リスクが非常に高い状況にある。危機時には多くの紆余曲折が起こり得る」と語った。

また、景気が2008─09年の危機時よりも速いペースで回復する可能性はあるとしつつも、新型コロナの感染状況次第とした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up