for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FRB、コロナ禍終了まで支援策維持の必要=セントルイス連銀総裁

[ワシントン 8日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は8日、新型コロナウイルスの感染拡大が明らかに収束するまで、連邦準備理事会(FRB)は景気支援策を縮小させるべきではないとの考えを示した。

ブラード総裁は南イリノイ大学が主催したオンラインイベントで「パンデミック(世界的大流行)の終息を望んでいるが、まだ終息していない」とし、「戦いが終わった後に次の措置を検討するというのが政策担当者の適切なスタンスだ」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up