for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FRB、「可能な限り迅速な」利上げを=セントルイス連銀総裁

米セントルイス地区連銀のブラード総裁は、利上げ打ち止め前に政策金利を「可能な限り迅速に」5%を上回る水準に引き上げるべきと述べた。2015年2月、ニューヨークで撮影(2023年 ロイター/Lucas Jackson/File Photo)

[ワシントン 18日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は18日、米連邦準備理事会(FRB)当局者は利上げ打ち止め前に政策金利を「可能な限り迅速に」5%を上回る水準に引き上げるべきと述べた。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のイベントで、0.75%ポイントや0.50%ポイントの大幅利上げを行う「フロントローディング(利上げ前倒し)」がうまく機能していると感じており、政策金利がターミナルレート(政策金利の最終到達点)水準に近づくまで利上げを停止する理由はないと指摘。インフレに関するリスクが想定よりなお高水準であること、経済が現時点で予想以上に好調であることから、政策金利を適切な水準に引き上げるよう呼びかけた。

ブラード総裁は今年のFOMCの投票権を持っていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up