June 28, 2018 / 6:42 PM / 3 months ago

米雇用に改善余地、インフレ加速兆候ない=セントルイス連銀総裁

[セントルイス 28日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は28日、国内労働市場が引き締まると、黒人やヒスパニックの失業率が白人の水準に近づく可能性を指摘し、利上げを中止すべき理由の1つとの認識を示した。

記者団に「こうした層の失業率を下げて、残りの社会構成員の水準とより一致させることが可能」と述べた。

インフレ加速の兆候は見られず、連邦準備理事会(FRB)は労働市場が改善し過ぎる方がなお良いと考えるべきだと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below