June 9, 2014 / 5:33 PM / 6 years ago

利上げ開始時期予想、前倒しの可能性=米セントルイス連銀総裁

 6月9日、米セントルイス連銀ブラード総裁は、利上げ開始時期に関する自身の予想を前倒しする可能性があると述べた。写真は2013年4月ニューヨークで撮影(2014年 ロイター/Keith Bedford)

[パームビーチ(米フロリダ州) 9日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀ブラード総裁は9日、米失業率の低下や心強い内容となっている他の経済指標を受け、利上げ開始時期に関する自身の予想を前倒しする可能性があるとの見解を示した。

ブラード総裁は講演後、記者団に対し、セントルイス地区連銀が5月の米雇用統計を基に経済見通しを見直していると説明。米国内総生産(GDP)の伸びが3%程度となり、失業率が低下し、雇用が最近の増加ペースを維持するとの分析が示されれば、金利見通しを変更する可能性があると語った。

総裁はこれまでに、利上げ開始時期について2015年第1・四半期終盤との見通しを示している。

総裁は「最新のデータを基に(見通しを)再調整する可能性がある」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below