October 18, 2018 / 3:27 PM / a month ago

FRBの政策見通し、景気後退リスク高めかねず=セントルイス連銀総裁

[メンフィス(米テネシー州) 18日 ロイター] - ブラード米セントルイス地区連銀総裁は18日、連邦準備理事会(FRB)の現在の政策見通しは金利をはるかに制約的な水準に押し上げ、景気減速を招きつつ景気後退(リセッション)リスクを高める恐れがあるとの考えを示した。

総裁は、経済成長が予想以上に強まる中でFRBは利上げを進めてきたが、2020年に金利が3.4%に上昇するとの見通しは「金利がはるかに制約的な領域に移行するもので、(景気後退)リスクが高まる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below