January 4, 2016 / 7:47 PM / 4 years ago

中国株急落懸念せず、米国への影響軽微=クリーブランド連銀総裁

[ワシントン 4日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は、中国株の急落は大きな懸念材料ではなく、中国経済のぜい弱さが米景気見通しへの著しいリスクにはならないとの認識を示した。ブルームバーグテレビとのインタビューで述べた。

総裁は、弱い製造業指標が引き金となった中国株安が米市場へも波及したとし、「米経済の観点において、そのことは懸念していない」と述べた。

その上で、中国経済の減速は織り込んでおり、米景気見通しに対する大きなリスクとは考えていないとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below