for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米FRB、今年の政策正常化は物価目標に整合的=クラリダ副議長

米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長は13日、2022年に金融政策の正常化に着手することは、FRBが導入した平均インフレ目標に完全に整合するとの考えを示した。写真はクラリダ副議長。2019年2月撮影(2022年 ロイター年/Ann Saphir)

[13日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長は13日、2022年に金融政策の正常化に着手することは、FRBが導入した平均インフレ目標に完全に整合するとの考えを示した。

クラリダ副議長は、失業率が3.5%に低下すれば、22年末までに完全雇用が達成されると予想。「こうした見通しに加え、インフレ期待が長期目標である2%に抑制されている限り、22年に政策の正常化に着手することは、FRBの新たな平均インフレ目標達成の枠組みに完全に整合する」と述べた。

その上で、昨年に始まった「歓迎せざる」物価上昇は「適切な金融政策の下で、最終的にはおおむね一過性のものであることが判明する」との見方を示した。

FRBは10日、クラリダ副議長が1月31日の任期満了を前に14日付で退任すると発表。バイデン米大統領はクラリダ氏の後任としてブレイナード理事を指名している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up