April 11, 2019 / 4:26 PM / 14 days ago

米経済は減速の公算、国際的リスクくすぶる=FRB副議長

[ワシントン 11日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長は11日、米経済は2018年の力強い成長から減速する可能性が高く、「重要な国際的リスク」が見通しを曇らせていると述べた。

米国の景気後退(リセッション)脱却から今夏で10年が経ち、「現在の経済成長はほぼ間違いなく最長記録になる」と指摘。ただ「入手データは米経済成長が18年の力強いペースから幾分減速している兆候を示している」とし、「海外の経済成長率見通しが引き下げられており、英国の欧州連合(EU)離脱など重要な国際的リスクはくすぶっている」と語った。

さらに「落ち着いた」インフレと合わせ、このような見通しは投資や消費を促進も妨げもしない金利水準や、金利の次の動きに対する「忍耐強い」アプローチなどFRBの政策スタンスを正当化するとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below