December 4, 2018 / 8:24 AM / 13 days ago

米国民のクレジット需要低下=NY連銀調査

 12月3日、米ニューヨーク連銀が発表した「消費者期待調査」によると、住宅ローン金利が上昇する中、米国民のクレジットに対する需要はこの1年で予想通り低下した。写真はニューヨークで2015年11月撮影(2018年 ロイター/Mike Segar)

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀が3日発表した「消費者期待調査」によると、住宅ローン金利が上昇する中、米国民のクレジットに対する需要はこの1年で予想通り低下した。また、申請承認比率も1年前と比べ低下した。

この12カ月でクレジットを申請した回答者のうち、承認された人の割合は37.7%で、2017年10月の41.3%から低下した。

調査対象者に占める申請割合は1年前の49%から47.8%に低下。6月の43%からは上昇した。

調査は4カ月ごとに実施されており、自動車ローンやクレジットカード、クレジットカード利用限度額引き上げ、住宅ローン、住宅ローン借り換えに関するデータを集めている。

今回は住宅ローン借り換え申請の却下が「著しく」増加。却下率の上昇は40歳以下の回答者がけん引した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below