for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米9月の利上げ幅、50bpもしくは75bp「合理的」=SF連銀総裁

[18日 ロイター] - 米サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁は18日、短期借入コストを年末までに3%強、来年にこれをやや上回る水準にするために、9月に0.50%ポイント、もしくは0.75%ポイントの利上げを行うことが「合理的」になると述べた。

デイリー氏はCNNインターナショナルに対し、金利が「制限的」な水準に達し、成長とインフレが減速した際に、連邦準備理事会(FRB)は直ちに利下げに転じることはせず、金利水準を据え置く必要があると述べた。

同時に、FRBはインフレ率を目標の2%に引き下げることに全力を注いでいるものの、過度な金融引き締めによる「自発的な誤り」を犯すことがあってはならないと語った。

インフレについては、食料やエネルギーなどの価格はなお高水準にあるとし、物価上昇に対する勝利宣言を行うのは尚早との見方を示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up