for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米労働市場はなお低迷、勝利ほど遠い=サンフランシスコ連銀総裁

 米サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁は3月25日、米国の雇用は新型コロナウイルス危機前の水準を依然として1000万人近く下回っており、労働市場はなお低迷しているとの見解を示した。2018年11月、アイダホ州で撮影(2021年 ロイター/Ann Saphir.)

[25日 ロイター] - 米サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁は25日、米国の雇用は新型コロナウイルス危機前の水準を依然として1000万人近く下回っており、労働市場はなお低迷しているとの見解を示した。

同総裁は、経済成長が今年に加速し、失業率の改善が見込まれるものの「まだ、勝利を手にしたといえる状況ではない。今年の終わりや来年になっても勝利は見えないだろう。われわれは職を求める米国民全ての雇用を確保し、人々が生活を取り戻せるようにしなければならない」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up