March 26, 2019 / 9:19 PM / 3 months ago

長短金利の逆転に心配せず=米SF連銀総裁

[サンフランシスコ 26日 ロイター] - 米サンフランシスコ地区連銀のデーリー総裁は26日、このところの米長短金利の逆転を心配していないと述べた。過去にはリセッション(景気後退)の予兆となったが、今回はそうならない可能性があるためと語った。

長期金利の低下には、経済状況に無関係の多くの要因があると指摘。予想される金利動向に関する米連邦準備理事会(FRB)のガイダンスなどにより、長短金利逆転に続いて景気後退が起きる公算は低いとの見方を示した。

一方で、企業や消費者が長短金利の逆転を心配しないよう望むとも指摘。もしそうなれば、景気後退が実際に起きてしまう恐れがあると語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below