January 9, 2020 / 9:24 PM / 13 days ago

米FRB公定歩合、12連銀すべてが据え置き要請=議事要旨

[ワシントン 9日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が9日公表した公定歩合会合議事要旨で、昨年12月の連邦公開市場委員会(FOMC)に先立ち、12地区連銀すべてが公定歩合の据え置きを求めていたことが分かった。

FRBは先月10─11日に開いたFOMCで、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を1.50─1.75%に据え置くことを全会一致で決定。来年の米大統領選まで緩やかな経済成長が続き、失業も低水準にとどまるとの見方を示し、金利が現行水準にとどまる公算が大きいことを示唆した。

議事要旨で各連銀は経済認識について「前向きであり、先行きの見通しも楽観的」と表明。さらに「消費者の底堅い支出や心理が休暇期間にかけて継続した」とした。

市場ではFRBが今年1回利下げすると予想。ただ時期については少なくとも9月以降になるとの見方が多い。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below