May 28, 2019 / 7:29 PM / a month ago

米FRB公定歩合、全12地区連銀が据え置き支持=議事要旨

[ワシントン 28日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が28日公表した4月の公定歩合会合議事要旨で、12地区連銀が連邦公開市場委員会(FOMC)前に公定歩合の3%据え置きを全会一致で支持していたことが分かった。

議事要旨によると「金融政策に対する現状のスタンスを維持することが適切であり、FOMCは忍耐強いアプローチに従い続けるべきと判断した」という。

FRBは4月30─5月1日に開いたFOMCでフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を2.25─2.50%に据え置くことを決定。労働市場や経済活動は引き続き堅調で、インフレはいずれ上向く公算が大きいとの認識を示し、当面は金融政策を維持する方針を明示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below