April 16, 2019 / 6:42 PM / 9 days ago

米FRB公定歩合、全12地区連銀が据え置き支持=議事要旨

[16日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が16日公表した3月の公定歩合会合議事要旨で、12地区連銀が連邦公開市場委員会(FOMC)前に公定歩合の3%据え置きを全会一致で支持していたことが分かった。

議事要旨によると、良好な経済成長が続き、労働市場が堅調で、インフレ率がFRB目標の2%に近付くとの見通しに経済指標が引き続き一致しているかどうかを見極めたいとした。

また「一部のメンバーが個人消費の減速を指摘した一方、他のメンバーはそれぞれの地区の小売売上高が引き続き堅調だったと述べた。通商政策に対する懸念が幾分和らいだ一方で、多くのメンバーは、米経済見通しにリスクをもたらす要因として、世界経済に関する不確実性が続いていることを指摘した」という。

FRBは3月19─20日に開いたFOMCで、成長ペースが鈍化する中、2019年の想定利上げ回数をゼロとし、よりハト派的な政策スタンスへの転換を鮮明にした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below