April 20, 2018 / 4:56 PM / 3 months ago

イールドカーブフラット化、さほど問題でない=米シカゴ連銀総裁

[シカゴ 20日 ロイター] - 米シカゴ地区連銀のエバンズ総裁は20日、長短金利差がこのところ縮小していることについて、特に懸念する問題ではないとの見方を示した。長短金利差の縮小は景気鈍化の兆候とされることもある。

エバンズ氏は「イールドカーブは数カ月前と同じように、ほとんど懸念ではない」とし、「米国の債務は増大する見通しで、資金の手当てが必要だ」と指摘。債務増が長期金利を押し上げ、イールドカーブがスティープ化するだろうと述べた。

金融緩和策の縮小は、財政的な刺激策や世界経済の強さへの「自然な対応」だと説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below