November 6, 2019 / 2:41 PM / 14 days ago

現行金利、ショックに耐えられず=米シカゴ連銀総裁

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 米シカゴ地区連銀のエバンズ総裁は6日、現行の金利水準は米経済を支援しているが、今後ショックが発生した場合には十分ではないと述べた。

ニューヨークで開かれた外交問題評議会(CFR)のイベントで、「サイクル半ばの調整に関していえば、米経済の適切な状態を可能な限り確保するためのリスク管理アプローチであると言える。マイナス面での大きなショックがあった場合、その原動力を大幅に変更できるほど十分な調整は行われていないため、対応する必要がある」と語った。

インフレ率に関しては、FRBは対照的な2%目標が意味するところを明確にすべきと指摘。2%の目標達成は必須とした上で、2%を上限として捉えるべきではなく、2.5%のインフレ率が心地よい水準であるとした。一方で足元の米経済の環境ではインフレを生じさせるのは極めて難しいとの見方も示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below