for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米景気回復、追加財政策なければ頓挫の恐れ=シカゴ連銀総裁

[22日 ロイター] - 米シカゴ地区連銀のエバンズ総裁は22日、議会が新型コロナウイルス追加対策を可決させなければ、米経済がさらなるリセッション(景気後退)に陥ることはなくても、景気回復の足取りが緩慢になる恐れがあると警告した。

エバンズ総裁はロンドンに本拠を置くシンクタンク、公的通貨金融機関フォーラム(OMFIF)が主催したオンラインイベントで、「財政支援は実に基本なものだ」とし、米失業率が来年末までに5.5%に低下するとの自身の予測は、新型コロナウイルスワクチンの実用化だけでなく、少なくとも1兆ドル規模の財政支援策が実施されるという仮定に基づいていると指摘。「財政支援策がなければ、景気後退に向けた力学が一段と深刻な形で増大する」と述べた。

FRBが一段の量的緩和を実施する可能性は否定しなかったものの、近い将来に実施されるとは考えていないと明確に表明。FRBは毎月1200億ドルの国債とモーゲージ担保証券(MBS)を買い入れており、10年債利回りがまだ低水準にあるだけでなく、FRBは極めて積極的な新たなフォワードガイダンスを採用していると述べた。

また、平均して2%のインフレ率を目指す新たな目標について、いつの時点からの平均とするのかを含め、FRBは議論を詰める必要があると指摘。ただ他のFRB当局者と同様、決められた方式があるわけではないと強調した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up