for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米FRB、24年まで金利ゼロ%近辺にとどめる公算=シカゴ連銀総裁

[7日 ロイター] - 米シカゴ地区連銀のエバンス総裁は7日、インフレ率が2%に戻るために時間が必要になるため、連邦準備理事会(FRB)は2024年まで政策金利をゼロ%近辺にとどめる公算が大きいと述べた。

労働市場の改善が継続し、失業率が4%もしくはこれを下回る水準に低下すると期待される中、24年に「フェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標の緩やかな引き上げを開始できるようになる」と述べた。ただ、金融政策は引き続き緩和的になるとの考えを示した。

米経済については、20年に見られた進展に安心したとし、今年の年央までに状況は改善すると予想。今年の米経済成長率がプラス4%になるとの見通しを変えていないと述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up