October 9, 2015 / 7:47 PM / 4 years ago

来年半ばの米利上げ、インフレ目標達成に寄与=シカゴ連銀総裁

[ミルウォーキー 9日 ロイター] - 米シカゴ地区連銀のエバンス総裁は9日、2016年半ばに利上げを実施し、その後は緩やかなペースを維持することがインフレ目標の達成につながるとし、連邦準備理事会(FRB)はインフレ率を2%に向かわせるために、マイナス金利などの追加的な緩和政策を実施する必要はないとの見解を示した。

エバンス総裁は講演後、「フェデラルファンド(FF)金利引き上げを2016年半ばまで遅らせ、その後は緩やかなペースにとどめることが、合理的な期間内にインフレ率を2%に上昇させるというFRBの目標と一致する」と言明。「一段と早く上昇することを望んではいるが、現段階ではこれが適切な政策と考える」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below