for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

22年の米利上げが適切な可能性も=シカゴ連銀総裁

11月18日、米シカゴ地区連銀のエバンス総裁は、現在のインフレ高進が来年に和らぎ、2022年末時点には多くの人が想定しているよりも2%に近い水準に落ち着く見通しのため、米FRBが忍耐強い政策を維持することが可能という見解を示した。写真はメキシコ市で昨年2月撮影(2021年 ロイター/Edgard Garrido)

[18日 ロイター] - 米シカゴ地区連銀のエバンス総裁は18日、現在のインフレ高進が来年に和らぎ、2022年末時点には多くの人が想定しているよりも2%に近い水準に落ち着く見通しのため、米連邦準備理事会(FRB)が忍耐強い政策を維持することが可能という見解を示した。

同時に、23年の利上げが引き続き基本シナリオで、「22年に利上げが必要か、もしくは求められているかは不明」としつつも、物価上昇が予想よりも持続する可能性があるとし、「22年の利上げが適切となる可能性もある」と述べた。

自身が数カ月前よりも「オープンマインド」になっているとも付け加えた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up