for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、人種間の富の格差やや縮小=FRB調査

米国の人種間の富の格差がトランプ大統領の4年の任期のうち最初の3年間でやや縮小していたことが、連邦準備理事会(FRB)が28日に公表した調査結果で明らかになった。ワシントンのFRB本部で2015年9月撮影(2020年 ロイター/KEVIN LAMARQUE)

[ワシントン 28日 ロイター] - 米国の人種間の富の格差がトランプ大統領の4年の任期のうち最初の3年間でやや縮小していたことが、連邦準備理事会(FRB)が28日に公表した調査結果で明らかになった。失業率の低下で低所得層が恩恵を受けたことなどが背景。

FRBが3年に一度実施する消費者金融調査(SCF)によると、所得上位10%の家計が全体の富の約71%を保有し、この割合は2016年の前回調査とほぼ変わりがなかった。

所得額の格差も依然として大きく、白人家計の所得額の中央値は18万8200ドルと、アフリカ系住民の家計(2万4100ドル)の約8倍、ヒスパニック系住民の家計(3万6100ドル)の約5倍だった。

ただ、前回調査後の3年間で、アフリカ系住民とヒスパニック系住民が保有する富は大きく増加。純資産の中央値は、アフリカ系住民の家計で33%、ヒスパニック系住民の家計で65%、それぞれ増加し、白人系住民の家計の3%増を大きく上回った。

調査対象時期は株価が力強く上昇。住宅保有率も上昇した。住宅価格が上昇したことも、低所得層の純資産の増加に全般的に貢献したとみられる。

今回の調査は、新型コロナウイルス感染が拡大する前の19年に実施された。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up