for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FRBは早めのテーパリングを=カンザスシティー連銀総裁

米カンザスシティー地区連銀のジョージ総裁は26日、今後も経済の成長や雇用の増加が続くと予想されることから、連邦準備理事会(FRB)は早めにテーパリング(量的緩和の縮小)を始めるべきという考えを示した。写真はジョージ総裁。2019年10月撮影(2021年 ロイター/Ann Saphir)

[ワシントン 26日 ロイター] - 米カンザスシティー地区連銀のジョージ総裁は26日、今後も経済の成長や雇用の増加が続くと予想されることから、連邦準備理事会(FRB)は早めにテーパリング(量的緩和の縮小)を始めるべきという考えを示した。

FOXビジネスとのインタビューで「基本的な見通しでは、雇用の増加や力強い成長が続くと思われる」と表明。インフレ率の上昇は「資産購入を縮小する機会になる」と述べ、年内の調整も可能との見方を示唆した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up