for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

リスク顕在化なら政策巡る見解修正も=カンザスシティー連銀総裁

[17日 ロイター] - 米カンザスシティー地区連銀のジョージ総裁は17日、経済リスクが顕在化した場合、金利政策に関する自身の見解を修正する準備があると述べた。

ジョージ総裁はカンザスシティーで開催されたシンポジウムで、直近の米連邦公開市場委員会(FOMC)で金利据え置きを支持したことを明らかにした上で、「下振れリスクを認識すれば、このような見解を修正する準備がある」と語った。

また米経済の下振れリスクは主に通商面の不確実性と世界的な成長鈍化によってもたらされるとした。

ジョージ総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持っている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up