February 13, 2019 / 6:24 PM / 5 days ago

米FRB、今年と来年各1回の利上げ適切=フィラデルフィア連銀総裁

[13日 ロイター] - 米フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁は13日、連邦準備理事会(FRB)が利上げに忍耐強く対処し、「様子見」アプローチをとる中、今年と来年にそれぞれ1回の利上げが実施される可能性があるとの見通しを示した。

ハーカー総裁は、米経済はおおむね良好な状況にあり、見通しに対する下振れリスクは極めて小幅とし、「19、20年にそれぞれ1回の利上げが適切だ」と語った。

さらに「インフレを巡る穏やかな環境に加え、労働市場は引き続き堅調で、下方リスクは極めて小幅だ。向こう数年の成長見通しは底堅いが小幅な伸びになるとみられ、不透明要因も存在する。そのため、様子見姿勢を継続する」とした上で、「忍耐は美徳だ」と語った。

今年の米成長率は2%強との見通しを示し、インフレ率も今年と来年にかけて2%を超えると予想した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below