August 6, 2019 / 5:04 PM / 17 days ago

景気要因乱れがち、把握へ研究重要=フィラデルフィア連銀総裁

[6日 ロイター] - 米フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁は6日、「乱れがちな」景気要因を把握するため、研究者らがより多くの角度から分析する手法を構築するよう呼び掛けた。

神経科学や心理学、経済学の研究融合に関する会合の講演予定原稿で示した。経済政策や金利見通しには触れなかった。

既存モデル・手法の多くが予測・評価力を失い始めたと指摘、記録的な長期拡大が続いても、経済の新しい常態が根付く中、さらなる研究が有益になる可能性を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below